上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケンタッキーフライドチキン(KFC)に反対の立場を取るPETAにはこんなサイトもあります。
セクシーなパム姉さんが広告塔を務めてます。
彼女はベジタリアンで、動物虐待などに反対しており、中でもKFCのチキンに対する虐待行為に声をあげています。

以下は、トップページの訳です:

KFCにチキンを供給する業者は、広大な工場にニワトリ達をぎゅうぎゅう詰めで飼育、繁殖させており、ニワトリが歩けないほど太らせ、彼らの翼や足を切り落とすことが多々ある。とさつ場では、ニワトリのノドが切られ煮えたぎったタンクの中へ意識があるまま落とされる。KFCのこのような虐待は違法である。

KFC動物福祉アドバイザーは、この虐待について対策を講じる必要があるとして会社に申し立てたが、KFC側はこれを拒否している。多くのアドバイザーは失意ののちに退職した。

パメラ・アンダーソン、ポール・マッカートニー、ダライ・ラマ、アル・シャープトン、その他多くの人々はKFCを食べないキャンペーンをしています。あなたも是非参加してください。



KFCのニワトリとさつ場で、虐待されるその様子を動画で確認することが出来ます。
以下はその説明です。

パメラの最新プロジェクトは【KFC】の家畜農場や、とさつ場で密かに行われている残虐行為に警笛を鳴らし、周知することである。
ビデオにはKFCがニワトリに対し酷い扱いをしている事を述べるパメラと実際の様子が写っている。
ニワトリは弱りきり歩行も困難な状態であり、生きたまま、痛みを感じる意識があるまま熱湯の中に入れられる。バージニア州ムーアフィールドにあるとさつ場では従業員がニワトリを壁に叩きつけ、踏みつけて殺す。

PETAではKFCに対し、動物の扱いを改善する事に同意するまで消費者のボイコットを呼びかけている。しかし、これまでのところKFCは、農場やとさつ場でニワトリに対するこの凄惨な虐待について何もコメントしていない。
世界的な動物救済専門家もこれに重きを置き、最新の研究に基づいた科学的勧告の詳細を与えているがKFCはこれを拒否している。KFCが動物福祉を真剣に考え受け入れない限り、動物を思いやる消費者は購入を見送るだろう。

あなたにもニワトリを助ける事ができます。
パメラのビデオを友達にメールで送り、KFCのニワトリに対する酷い扱いを世の中に広めましょう。
そして、自分ができることを調べましょう。もちろん、動物を助ける一番の方法は彼らを食べるのをやめること。パメラのようにベジタリアンになることをぜひ検討してください。





Watch more videos at KentuckyFriedCruelty.com.


私はこれまでクリスマスにKFCを食べたりしていましたが、これを見て考え方が変わりました。
もちろん、ニワトリを食べるなとまでは言えないけど、壁に叩きつけて殺すのは倫理に反していると感じるし、そのような事を平気でする会社にお金を落としたくありません。
自分はもう何年もKFCは食べていないし、これから先一生食べる事はありません。
家族や友人、同僚、大事な人にこそKFCは勧めません。

KFCのCMに出ている芸能人を見ると、その意識の低さにがっかりします。
お金が全てなのか、自分が宣伝する企業についてあまりに無知なのか、それとも知っていても特に何も感じないのか、分からないけど。
日本やアジアでは動物の扱いについて、あまりに人々の関心が低いことがとても残念です。
Secret

TrackBackURL
→http://spidersweb.blog4.fc2.com/tb.php/51-4bcb457a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。