上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.24 猫について
以下は動物愛護団体NEAVSのhttp://www.neavs.org/programs/brochures/brochures_cat.htm を訳したものです。



ニューイングランドで猫に何が行われたか?
猫について関心をお持ちなら知っておくべき事があります。

ニューイングランド近辺では何百もの猫が、全米では何千もの猫が研究所で飼育されていることを知っていましたか?
以下の情報はショッキングかもしれません。でも、猫はあなたの助けを必要としています。


実験施設のドアの向こう
NEAVSの最近の調査では、ボストン大学、ハーバード大学、マサチューセッツ眼科&耳鼻科病院、マサチューセッツ医学大学、コネチカット大学、ロードアイランド病院、エール大学などその他多くで、猫による実験が行われています。

実験施設のドアの向こうで何が行われているのか、いくつかの例です:

・ボストン大学では、Bertram Payne氏が猫の胎児や新生児、子猫や猫の脳に損傷を与えています。脳への損傷がどのような影響を与えるかを研究しています。彼は子猫の脳を操作するために、頭蓋骨をドリルで穴を開けます。Payne氏は1986年より3億円以上の税金を手にしています。

・ハーバード大学のJ. Allan Hobson氏は、麻酔をかけていない猫の脳に物質を注入します。睡眠について研究するために、子猫の頭蓋骨を壊し電極を脳と筋肉に埋め込みます。ワイヤーは猫の皮膚の下を通り体に通ります。1992年より3億円以上の税金を受け取っています。

・ハーバード大学のRichard Clay Reid氏は1998年~2000年の間およそ1億2千万円を受け取っていました。彼は猫に拘束具を取り付け、麻痺させ目に電極を挿入します。

・ロードアイランド病院のPiero Biancani氏は2億円以上の税金を受け取り、5年間猫の消化管と胆嚢の研究を行っていました。Biancani氏はカテーテルを猫の喉に差し込み、食道に炎症を起こさせるために酸を流し込みます。

・マサチューセッツ大学医学部のDavid Paydarfar氏は1999年から約1億円を受け取り、猫の呼吸パターンの実験を行いました。Paydarfar氏の実験は、猫の頭を固定し鼠蹊部、気管、直腸にねじ切り装置を取り付け、首を切り頸動脈洞神経を押しつぶします。

“動物実験は必要ではありません。コストがかかるし不正確で、誤解を招くおそれがあります。そして限られた資源が消費されている。動物を医療に役立てるふりをすることは人間にとっても有害です。”
Dr. Ray Greek

Q: しかし、これらの動物は麻酔がかけられているのではないですか?

A: 多くの手術では麻酔が使われます。しかし手術が終了した後、故意に殺されなかったものは後に控えた手術過程の為に回復期間を持ちこたえなければなりません。
実験によって動物は何年もの間、重傷を負いながら生きなくてはいけません。
重傷とは、脳の損傷、目を縫い合わされる外科的修正、食道の炎症、脳や筋肉への電極の移植などです。

更に、いくつかの実験では時代遅れとも言えるような麻酔の使い方をしています。エーテル吸入がその例で、動物や人間には滅多に使われないものです。麻酔は専門的に投与されなくてはなりません。さもないと痛みを感じたり、意識があるままになるからです。

Q: でも、これらの実験は人間の為の必要なのでは?

A: いいえ。必要ではありません。人間生理学、疾病、損傷は異なる種で行うよりも他によい研究法があります。

臨床人間学、解剖学、伝染病学、ヒト組織研究、医用画像工学などは、ヒトの健康や病気についてよりよい研究がなされていると医師は述べました:

「ヒトと猫の神経解剖学の違いから、動物をモデルにしたヒトの仮定を立てるのは出来ない」
-Dr. Stephen R. Kaufman


猫の他にもこのような恐ろしい実験に誰がお金を払うのでしょう?
それは、あなたです。
マサチューセッツ州だけでも、過去3年間で15万ドルもの税金が投入されているのです。

この記事をMargaret Sarandrea と Emmaに捧げます。

cagedkitten.jpg


スポンサーサイト
2月22日の夜、運転しながら実家に向かう途中、道路で白い犬が轢かれていました。
わたしは見殺しにしてしまいました。

よけて通った時に、脚が一瞬動いたような気がしたのです。
まだ生きている!?と思いました。
後続車に更にひかれてしまわないように、犬をどかすべきか考えましたが、中型犬で割と大きいし骨折しているかもしれないから下手に動かすのは良くないとも思って、分からなくなりました。
ただ涙が出てきて、動揺してしまいました。

そのまましばらく先に進み、コンビニに車を停めました。
そこで、友達に電話しましたが、電源が入っていません。
とりあえず、ナビで近くの動物病院を探し、104に電話をして動物病院の電話番号を聞きました。

動物病院に電話をして事情を話しましたが、先生が高齢だからという理由で断られてしまいました。
わたしはもうこれ以上どうすればいいのか分からず、ただ犬に申し訳ない気持ちでいっぱいで、無力さを痛感しながらそのまま実家に向かいました。
自分は最低だと思いました。

途中で友達に電話をかけ、事情を話したら、友人が他の動物病院2軒に連絡を取ってくれました。
でも、1カ所は営業時間外で、もう1カ所はボランティアじゃないからそんなことは出来ないと断られたそうです。
医は仁術か、算術か。
算術でしかないんでしょうね・・・。
中にはそうでない人もいると思いますが、仁術だと思う先生に出会ったことはありません。

人間だったら、救急車を呼べばいいけど、動物だとそれも出来ない。
飼い主はどうしたんだろう。轢いた人はどういう気持ちでそこを離れたんだろう。
怖かったから逃げちゃったのでしょうか。
でも、犬はもっと怖かったはず。
痛くて動けなくて真っ暗な夜、ただひとりで道路に放置されて。

実は自分が動物の交通事故と遭遇したのはこれが初めてではありません。
3回目です。
交通事故に遭い、命を落とす動物は年間10万匹とも言われているそうです。
スピードの出し過ぎによる交通事故が多いから、安全運転を心がけて欲しいです。
心底そう思います。
それと同時に、放し飼いは本当にやめてほしい。

実家に帰る途中、今度は猫が轢かれているのを見ました。
2月22日は猫の日なのに・・・。

今回、結局自分は1人じゃ何も出来なくて、犬の命を救えなかった。
無力さで一杯です。
でも、今度同じような状況になった時に何が出来るかを考えたいと思います。
ただ、動物病院に電話して協力を仰いでも断られるので、自分で犬を運んでいくしか方法はないと今回思いました。

そう思ったら、車に積んでおくべきものは、カゴとかタオルでしょうね。
ネットで調べてみると、小さい猫や犬なら段ボールやキャリーケースに入れて、大きな犬なら担架のようなもので運ぶといいらしい。
担架は中々ないですけど・・・。
手荒く動かさずに安定した状態で運ぶのが大事だということです。
愛犬を救う応急処置が参考になります。

もう今回と同じ過ちを起こさないように生きていきたいです。
そして、交通事故によって命を落とす動物を減らす為に自分が出来ることがあれば取り組んでいきたい。
以下は動物愛護団体NEAVShttp://www.neavs.org/programs/brochures/brochures_chimp.htmを訳したものです。

実験室のケージまでへの道 研究やエンターテイメントでのチンパンジー

チンパンジーは私たちの近縁生物
彼らは私たちの98.7%の遺伝子をもち、家族で暮らし、子供を守り、友人関係を形成し、喜びや悲しみ、怒りを表現します。知性やユーモア、利他主義であることを表します。

現在、アメリカでは1,600頭あまりのチンパンジーが実験室にいて、与えられた番号が彼らの胸部に入れ墨され、何頭かには名前がつけられています。
自然界で社交的な彼らの多くは、1.5×1.5×2メートルほどのケージに入れられ、孤立した生活を送っています。

数え切れないほどの数のチンパンジーが、エンターテイメント業界で利用されています。
トレーナーの脅迫的な指導のもと、彼らの品位をさげるようなおもしろおかしくバカらしい芸をするように教え込まれます。

「解剖学者は科学が許可する道徳的な残虐な行為を行う際にも彼らの目が見えるでしょう。貧しい人、孤児、犯罪者、精神障害者、ユダヤ人、アフリカ系アメリカ人はかつて生体解剖者と近いところにいました。チンパンジーも同じ不穏な状態にいるのです。」
-NEAVS会長、教育学博士 Theodora Capaldo

ステージ上
エンターテイメント業界でのチンパンジーの現実
・彼らの母親から盗まれた子供のチンパンジーであることが多い
・訓練には恐怖や食事抜きなどのおしおきが含まれることが多い
・芸は異常な行動で、苦痛であることが多い

ケージ
チンパンジーは下記のような幅広い研究に使われている。
・梅毒、エイズ、肝炎、その他死にいたるようなウイルスの感染
・衝突テスト、放射能テスト、空間研究
・心臓移植、薬物実験

多くの人々にあまり知られていないのは、エンターテイメントへの世界と実験室の間には回転ドアがあるという事です。エンターテイメントで使われた多くのチンパンジーは、「かわいくなくなった時」に簡単に、そして利益の為に実験室に送られることになります。

回転ドアを通って
エンターテイメント産業は事実上、解剖産業の腕木みたいなものです。
彼らが「スター」でなくなった時に「使われた」チンパンジーが実験室へと送られる流れがあるのです。映画に出演したチンパンジーも、その明るいスポットライトがはずされた後は実験室に捨てられ、解剖者の元へと連れていかれます。

ここにいくつか、エンターテイメント産業から研究室への回転ドアを通った例があります:
Donna Rae (#304) 1966年頃に生まれ、12年もの間動物タレントとして過ごす。自転車に乗り、ギターを弾くパフォーマンスに借り出されたが、1978年に霊長類薬剤・外科処置実験施設(LEMSIP)に移動された。施設で19年耐えて過ごし出血、HIVそして非特定実験では172回の気絶を経験した。彼女は現在、Fauna Foundation sanctuary(動物基金保護区域)で生活している。保護区域にてギターを渡すとDonnaはすぐに壊してしまった。

Annie (#272) 1959年にアフリカで生まれマイアミの農場に連れてこられ、サーカスに利用されていた。アリゾナ霊長類基金(PFA)に運ばれる前はLEMSIPで繁殖・生理・ホルモン研究に使用されていた。彼女は亡くなる前、保護区域にて4年間を過ごした。

Sue Ellen (#440) とBilly Jo (#447)
1968年頃に生まれ、1983年までサーカスのパフォーマンスをする。2匹のチンパンジーは1983年にLEMSIPにきたときにトレーナーと手をつないでいた。2匹とも前歯はなく、歯は何本か生えていたが傷ついた細胞組織があった。それは歯を引き抜かれたわけではないが、力づくで殴られた事を示す。15年もの間エンターテイメント産業で過ごし、14年間を研究所で暮らした。現在は、動物保護区域で暮らしている。

Yoko (#358) ミズーリのサーカスでパフォーマンスを行っていた。彼のトレーナーは堅いゆで卵と強い酒を夕飯として与え、新聞紙の切れ端をブランケットとして与えていた。1981年に彼はLEMSIPに転送されてきた。彼は16年研究所で暮らし、HIV研究や鼻スプレーなどの研究に使用された。147の生検を含む侵略的治療に使用された。彼は現在、動物保護区域で暮らしている。

Hanzie (#251)は1960年にアフリカで生まれ捕らわれた。ホロマンエアフォースベース、コールストン基金に移送され減圧研究や繁殖に用いられるまでは、カリフォルニア・サウザンドオークスにあるジャングルランドでエンターテイメントに使われていた。Hanzieは長期に渡る心不全の為、CCCC(チンパンジーケア)の良質介護施設にわずか5ヶ月間しかいなかった。

Pablo (#377)は1970年にアフリカで捕獲され、LEMSIPとBuckshire社に移送されHIV研究に使用されダート銃でおよそ220回倒されるまではサーカスにいた。彼は30回以上肝臓を殴られ骨髄・リンパ結節生検を受けさせられた。Pabloは亡くなるまでの4年間を保護区域で過ごした。彼の苦しみは解剖によって明らかになった。Pabloは9年間エンターテイメントで、16年間を研究標本として過ごした。

JoJoは1962年頃生まれ何年もの間サーカスでパフォーマンスさせられた。彼女はPFAとLEMSIPに移送され肝炎の実験に使われた。JoJoが今も生きているかどうかは不明である。
Chiquitaは1963年頃生まれ、AnnieとJoJoと共にサーカスでパフォーマンスを続けた後PFAとLEMSIPに移送された。繁殖研究に使用されたと推測されるが、1980年に亡くなった。

ButchとChipperは1973年、1975年にアフリカで捕獲されRingling Brothersサーカスで10年以上もサーカスのパフォーマンスとして使用された。サーカスのトレーナーが亡くなった後、彼らは研究施設に移送された。彼らはロードサイド動物園に移され、13年そこで暮らしたが野生動物当局により閉鎖された後は仮設施設へ移送され、その後COCC保護施設に2000年に移された。

Angel Li (#267), Opal Li (#473) とChiquita (#313)は1978年~1980年にBusch Gardensで生まれ、コールストン基金に移送されるまで展示されていた。その後はどうなったのか不明。

“Hanzieは傷ついたまま到着しました。残念なことに、彼の経験はおよそ40年前にアフリカで傷つけられ捕らわれてから始まったのです。最後にHanzieは自然保護にいたことを知っていたのでしょうか。分かりません。私が知っていることは彼が亡くなった時、彼のことが大好きだった人々が集まり泣いていた事です。”
-Carole Noon医師、チンパンジー保護施設創設者

両側に揺れるドア  研究からエンターテイメントへの流れ
Willie (#220) と Harry (#237)はサウスウエスト基金の生物医学研究所で生まれ、映画"Project X."の為、エンターテイメントの世界へと移っていった。手厳しい過酷な訓練の後、彼ら「演技者」は映画終了後に研究所に戻された。一匹の若いチンパンジーは撮影中に死亡した。皮肉なことに"Project X"は、研究に使われるチンパンジーの虐待についての映画だった。WillieとHarryは救助され保護施設で暮らしている。
3頭の赤ちゃんはCoulstonによってアニマルトレーナーに売られた。彼らの将来は不明である。

確実とはいえない安全
生体医学研究コミュニティは「いきすぎたブリーディング」によって「余った」チンパンジーの財政負担に不満を漏らしている。AIDSやHIV感染などで"下手なモデル"だと証明された時、彼らは放置された。これら政府の「余分な」チンパンジーは研究者が彼らの用途を「発見」した時、研究機関に戻るかもしれない。

Simbaは1971年頃に生まれ、PFAに移送されるまではIce Capadesの"Donny and Marie Show"に出ていた。彼は「この家から引っ張り出され医療研究のために実験室へ送られてしまう危険性がある」(Wall Street Journal, April 2002) 彼の将来は守られていない。
保護区域にいるチンパンジーにだけ所有者がいて、彼らの安全や利己的な利用ができないよう保証される。米国政府によって可決されたチンパンジー法は、生物医学研究コミュニティにいる「余ったチンパンジー」達は「自然保護区」が用意されると虚偽している。しかし、チンパンジー法はこれらチンパンジーの子孫が生体解剖者から自由になる保障がされているとは言えない。チンパンジー達はまだ政府によって “所持”されている。チンパンジー法は"sanctuary(自然保護区)"という言葉を、永遠の安全という意味だけに使用するべきである。チンパンジー法やそれに関係した施設も保証されているわけではない。

“エンターテイメント産業と生物医学研究とのつながりは確実です。なぜなら私は毎日それを見ているからです。そして彼らの以前の生活はどのようなものだったのか考えます。私のところにいるチンパンジーの家族の半分はエンターテイメントでの生活に始まり、生体医学研究で終わります。人間から少しの敬意も払われない彼らに対し、合わす顔がありません。彼らはもっと敬意を受けるに値します。”
-Gloria Grow 動物基金共同創設者

Annie、Pablo、Hanzieに捧げます。
NEAVSは彼らのサポートをしています

動物基金
P.O. Box 33, Chambly, Québec, Canada J3L 4B1
www.faunafoundation.org

チンパンジー保護センター
PO Box 12220, Ft. Pierce, FL 34979
www.savethechimps.org

あなたからNEAVSへの寄付金はチンパンジー保護のために計上されます。
チンパンジーについて正しく新しい情報が発信出来るよう、あなたからの情報をお待ちしています。
更新はウェブサイトで行います。
最終レーン:科学への生け贄

スピードと利益の追求の中で
群衆の声援とはかけ離れたところで、入賞しなかった数多くのグレイハウンドは、解剖や手術練習用として学校や研究所に売り払われたり寄付されたりする。
これらの哀れな被害者は、痛みを伴う実験や解剖の為、手術台の上で最後を迎える。

実験
グレイハウンドは優しく、難しい性格ではない。痛みを与えられ冷遇され苦しまされても、滅多にかみつく事もしない。大量・便利・消耗品・温厚、そんな彼らは実験に好ましい。

それに加えて、グレイハウンドの「グレーマーケット」人気は解剖者の要求を満たしている。グレイハウンドの脈拍や心臓のサイズは人間のそれと似ており、彼らの低脂肪体型は臓器がどのような影響を受けるかをみるのに都合がよい。
「レースで訓練を受けたグレイハウンドは、非常に素直で従順である。彼らは友好的で扱いやすく、出血やその他の処置の際も静かに我慢する」-カリフォルニア大学獣医学スタッフ

解剖
十分な効性があるため、グレイハウンドは授業の解剖として使われる。生徒達はほっそりとした生き物が死んで、解剖されていくその姿を目の前にしてショックを受けることになる。

無数の被害者
実際にグレイハウンドが実験や解剖に使われる全体数は明らかではない。これはUSDA(米国農務省)が詳細な繁殖情報を抜きに標札をつけた犬だけを含んだ報告をしているからである。これらはほんの少しの実例である:
• 2,652匹のグレイハウンドがコロラド大学の終末実験や解剖に使われた。214匹はMAライセンスを持つオーナーとケンネルオーナーにより寄付された。(1995-1998, Rocky Mountain News)
• 600匹のグレイハウンドが医用研究の為、実験施設へ売られた。(1990, Arizona, Phoenix Gazette)
• アイオワ州立大学が実験の為95匹のグレイハウンドを使用した。(1994-1999, Iowa State University canine acquisition records)
• 100匹以上のグレイハウンド(うち子犬57匹)がカンザス州立大学で安楽死した。(January 1996 to May 1998, Kansas State University canine acquisition records)
• 40匹のグレイハウンドが違法にミシシッピ州立大学の医用研究に寄与された。(Northeast Mississippi Daily Journal)

その他、数え切れないほど・・・
米国では毎年20.000~30.000匹のグレイハウンド(何千という子犬も含まれる)が殺されている。

私たちはこれを阻止することができる
• カリフォルニア大学に対して公な抗議で、1989年に研究目的の為に購入された56匹のグレイハウンドのうち数匹が解放された。
• 動物保護同盟がアリゾナ大学に圧力をかけ、1994年に飼い主の許可なく入手された12匹のグレイハウンド
• 1998年に地元のレース場から所有者の許可無く購入されたのち、里親紹介業が6匹のグレイハウンドをオーバン獣医科大学から引き取りました。しかし残念ながら、227匹のグレイハウンドは既に1997年、1998年に安楽死させられていました。
• 州に許可された「グレイハウンド里親紹介業」の調査がセダーラピッド・ウィスコンシンで行われ、850匹以上の犬が心臓病研究実験施設に飼い主の許可無く売り払われた。施設は100匹のグレイハウンドを返却することに同意した。

「毎年数え切れないほどの早く走れないレース用グレイハウンドが、残酷な研究実験によって命を落としている。私たちがグレイハウンドレースに反対すれば、これらの残酷実験に終止符をうつことも出来ます。」- Carey Theil, グレイハウンドを守る会会長 http://www.grey2kusa.org/index.html

グレイハウンドは研究道具や解剖標本という恐ろしい運命から逃れられない。各犬は実験施設から400ドルほどの値段が付けられ、過剰生産物として簡単で相当な利益として売却される。そしてその目的の為に犬を寄付することは簡単な使い捨てなのだ。

NEAVSは全ての動物実験に反対の立場を取っています。
私たちはグレイハウンドの生体解剖に反対し、グレイハウンドのレースに反対し努力を尽くします。

http://www.neavs.org/programs/brochures/brochures_greyhound.htm
ケンタッキーフライドチキン(KFC)に反対の立場を取るPETAにはこんなサイトもあります。
セクシーなパム姉さんが広告塔を務めてます。
彼女はベジタリアンで、動物虐待などに反対しており、中でもKFCのチキンに対する虐待行為に声をあげています。

以下は、トップページの訳です:

KFCにチキンを供給する業者は、広大な工場にニワトリ達をぎゅうぎゅう詰めで飼育、繁殖させており、ニワトリが歩けないほど太らせ、彼らの翼や足を切り落とすことが多々ある。とさつ場では、ニワトリのノドが切られ煮えたぎったタンクの中へ意識があるまま落とされる。KFCのこのような虐待は違法である。

KFC動物福祉アドバイザーは、この虐待について対策を講じる必要があるとして会社に申し立てたが、KFC側はこれを拒否している。多くのアドバイザーは失意ののちに退職した。

パメラ・アンダーソン、ポール・マッカートニー、ダライ・ラマ、アル・シャープトン、その他多くの人々はKFCを食べないキャンペーンをしています。あなたも是非参加してください。



KFCのニワトリとさつ場で、虐待されるその様子を動画で確認することが出来ます。
以下はその説明です。

パメラの最新プロジェクトは【KFC】の家畜農場や、とさつ場で密かに行われている残虐行為に警笛を鳴らし、周知することである。
ビデオにはKFCがニワトリに対し酷い扱いをしている事を述べるパメラと実際の様子が写っている。
ニワトリは弱りきり歩行も困難な状態であり、生きたまま、痛みを感じる意識があるまま熱湯の中に入れられる。バージニア州ムーアフィールドにあるとさつ場では従業員がニワトリを壁に叩きつけ、踏みつけて殺す。

PETAではKFCに対し、動物の扱いを改善する事に同意するまで消費者のボイコットを呼びかけている。しかし、これまでのところKFCは、農場やとさつ場でニワトリに対するこの凄惨な虐待について何もコメントしていない。
世界的な動物救済専門家もこれに重きを置き、最新の研究に基づいた科学的勧告の詳細を与えているがKFCはこれを拒否している。KFCが動物福祉を真剣に考え受け入れない限り、動物を思いやる消費者は購入を見送るだろう。

あなたにもニワトリを助ける事ができます。
パメラのビデオを友達にメールで送り、KFCのニワトリに対する酷い扱いを世の中に広めましょう。
そして、自分ができることを調べましょう。もちろん、動物を助ける一番の方法は彼らを食べるのをやめること。パメラのようにベジタリアンになることをぜひ検討してください。





Watch more videos at KentuckyFriedCruelty.com.


私はこれまでクリスマスにKFCを食べたりしていましたが、これを見て考え方が変わりました。
もちろん、ニワトリを食べるなとまでは言えないけど、壁に叩きつけて殺すのは倫理に反していると感じるし、そのような事を平気でする会社にお金を落としたくありません。
自分はもう何年もKFCは食べていないし、これから先一生食べる事はありません。
家族や友人、同僚、大事な人にこそKFCは勧めません。

KFCのCMに出ている芸能人を見ると、その意識の低さにがっかりします。
お金が全てなのか、自分が宣伝する企業についてあまりに無知なのか、それとも知っていても特に何も感じないのか、分からないけど。
日本やアジアでは動物の扱いについて、あまりに人々の関心が低いことがとても残念です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。